参加者の方へFor Participant

金沢のおもてなし

オープニングセレモニー「パイプオルガン演奏」のご案内

日時 7月20日(木曜日)8:00~
会場 石川県立音楽堂 コンサートホール(第1会場)

総会第1日目 7月20日(木曜日)8:00より石川県立音楽堂 コンサートホール(第1会場)にてパイプオルガンの演奏を行います.是非お越しください.

奏者:谷内江 潤子

オルガンデザインについて

オルガンデザインについては,日本古来の伝統であるひろげた扇子の形状を,ホールデザインとの一体感に配慮してモティーフとしました.また,オルガンケースの大きな扇子は5個の扇子から構成されており,それぞれがコントラストをもった独特の形状と伝統的モティーフで,石川県立音楽堂のオルガンの特徴を表現しています.更に,奥行きのある水平トランペットの配置がデザイン全体に力強さを加味しています.演奏台の各所には,石川県の伝統工芸である輪島塗が採り入れられました.演奏台の扉には,日本古来の桜と楓の図柄が描かれています.

オープニングセレモニー パイプオルガン演奏 プログラム


陸上自衛隊中部方面音楽隊コンサート in JSGS72金沢

日時 7月20日(木曜日)16:15~17:00
会場 石川県立音楽堂 コンサートホール(第1会場)

本総会の初日に演奏のご協力を頂く事となりました.
中部方面音楽隊の素晴らしい演奏を,石川県立音楽堂 コンサートホールにてお楽しみください.

中部方面音楽隊 プロフィール

中部方面音楽隊は,兵庫県伊丹市に所在する方面総監直轄の音楽隊です.昭和35年1月に創隊以来,東海・北陸・近畿・中国・四国の2府19県の広範囲にわたり,年間約100回に及ぶ演奏活動を行っております.
主な活動として,隊員の士気高揚のための演奏をはじめ,自衛隊の儀式及び国家的諸行事での式典演奏や定期演奏会,室内楽演奏会,ファミリーコンサートなどの各種演奏会があり,その他にも各府県市町村及び諸団体の公共的行事に参加し,中部方面隊の活動を幅広く広報しております.
また,学生を対象とした演奏指導も積極的に取り組んでおり,地域の皆様から親しまれる音楽隊として活動しています.

隊長3等陸佐 柴田昌宜

隊長3等陸佐 柴田昌宜 プロフィール

兵庫県出身.大阪音楽大学卒業(トランペット),同大学専攻科修了(指揮).
2003年,陸上自衛隊に一般幹部候補生として入隊.幹部候補生学校での教育を経て中央音楽隊所属となり,全国音楽隊員への教育を担当.2007年から第15音楽隊長(沖縄)を務め,2011年には東京藝術大学(派遣履修生)にて研鑽を積む.2012年から中央音楽隊運用訓練班長を務め,2015年から防衛省陸上幕僚監部広報室において陸上自衛隊の広報を担当.2017年3月,第20代中部方面音楽隊長に着任し現在に至る.
この間,2007年にはザルツブルク・モーツァルテウム音楽院国際マスタークラスに参加してディプロマを取得するとともに,優秀者演奏会に選出されドイツカンマーフィルハーモニーを指揮.また,米国防総省における日米記念式典での指揮やパプアニューギニア国防軍軍楽隊の能力構築支援事業等,音楽隊による国際交流にも貢献.
これまでに,指揮を松尾昌美,夏田昌和,P. ギュルケ,作曲法を川島素晴,トランペットを橋爪伴之,D. ドワヨン,竹森健二の各氏に師事.

陸上自衛隊中部方面音楽隊コンサート

観光・見学情報

兼六園・金沢城址公園玉泉院丸庭園ライトアップ

このページの先頭へ