日本消化器外科学会

MyWeb 会員専用ページ ログイン
  • English
ホーム  >  データベース事業  >  消化器外科専門医制度上のNCDデータ精度管理のお願い

データベース事業

消化器外科専門医制度上のNCDデータ精度管理のお願い

2015年5月

会員各位

一般社団法人日本消化器外科学会
理事長 森  正樹
専門医制度委員長 太田 哲生
資格認定委員長 矢永 勝彦

平素は,本学会専門医制度事業にご協力賜りまして誠にありがとうございます.

さて,ご承知の通り,2011年より会員の先生方には本学会専門医制度の各資格申請時において,National Clinical Database(NCD)データを利活用して頂いております.ただ,規則に則り実地調査を行いますと,少なからずNCDへの誤登録がある旨,調査委員より報告いただく機会があります.(例:手術年月日が異なっていた.検査値が異なっていた.手術時間が異なっていた.高位前方切除なのに低位前方切除で登録していた.肝部分切除であるのに区域以上の肝切除で登録していた,等)

専門医制度上はもとより,NCDデータの信憑性にも関わる問題となります為,NCDデータの精度管理をよろしくお願い申し上げます.

具体的には,NCDへ症例登録する際,登録内容が間違いないということで,「承認」ボタンを押す必要がありますが,この「承認」ボタンを押される方はこれまで以上に登録内容に誤りが無いか,ご確認頂ければと存じます.

今後は,本学会としましても,Auditを行って参ります.NCD登録データの内容に誤りがあった際,専門医制度の各資格申請上,審査の対象となることになりますので,ご留意ください.(業務改善計画書をお出し頂くことになります)

本事業をご理解の上,ご協力を賜れますよう何卒よろしくお願い申し上げます.