一般社団法人日本消化器外科学会

市民のみなさま向けサイト
医療関係者向けサイトへ
HOME  >  消化器外科専門医ってなに?  >  消化器外科専門医医ってなに?―消化器外科専門医が扱う消化器疾患

消化器外科専門医ってなに?

消化器外科医が扱う消化器の病気


※画像をクリックすると大きくなります.

消化器がん

 食道がん,胃がん,結腸がん,直腸がん,肝臓がん,胆嚢がん,胆管がん,膵臓がんなど

※我が国では,がんで亡くなった人の過半数は消化器がんです.

腹部救急疾患,炎症性疾患

 虫垂炎(盲腸),胃十二指腸潰瘍穿孔,腹膜炎,胆嚢炎,急性膵炎,腸閉塞,潰瘍性大腸炎など

その他

 ヘルニア(脱腸),胆石,痔なども消化器外科医のあつかう病気です.また,腹腔鏡や内視鏡による手術,肝臓や膵臓の移植も消化器外科医が行う治療のひとつです.

 どの病気も的確で敏速な診断・治療が必要です.

 

 消化器外科医には消化器の病気への幅広い知識と
その診療および手術の技能が求められます.