一般社団法人日本消化器外科学会

市民のみなさま向けサイト
医療関係者向けサイトへ

膵臓の病気

膵腫瘍膵炎

膵腫瘍

局所切除術

 膵管内乳頭状粘液性腫瘍,粘液性嚢胞腫瘍,その他の悪性度が低い膵腫瘍,郭清の必要がないと判断されるような腫瘍に対して行われます.膵中央切除術,十二指腸温存膵頭切除術,脾温存膵体尾部切除術など.

膵中央切除術
脾温存膵体尾部切除術
※画像をクリックすると大きくなります.
※画像をクリックすると大きくなります.

膵頭十二指腸切除術

 リンパ節郭清を必要とする膵頭部がんや膵腫瘍に対して行われます.胃が全温存される幽門輪温存膵頭十二指腸切除術,胃の大部分が温存される亜全胃温存膵頭十二指腸切除術,胃を半分程度切除する膵頭十二指腸切除術などがあります.

幽門輪温存膵頭十二指腸切除術
※画像をクリックすると大きくなります.

脾合併膵体尾部切除術

※画像をクリックすると大きくなります.
 リンパ節郭清を必要とする膵体尾部がんや膵腫瘍に対して行われます.膵体尾部がんでは脾動静脈周囲の郭清が必要で,そのため脾臓も摘出されます.
 

膵全摘術

 病変が膵全体にわたる場合には,膵全摘術が選択されることもあります.

血管合併切除術

 膵がんなどでは,その解剖学的特性から容易に門脈や動脈への浸潤を引き起こします.門脈に関しては,切除により根治性が得られる場合には切除再建術が一緒に行われます.

膵管減圧術

※画像をクリックすると大きくなります.
 慢性膵炎において,内科的治療や内視鏡的治療に無効の場合に,症状の緩和目的に選択される術式です.