一般社団法人日本消化器外科学会

市民のみなさま向けサイト
医療関係者向けサイトへ

消化器外科医が扱う主な疾患とその治療法

胆道について


 

 胆道とは,肝臓から分泌された胆汁の通り道で,「肝外胆管」「胆嚢」「十二指腸乳頭部」のことです.

 胆管(肝外胆管)は肝臓から十二指腸まで胆汁が通る管のことです.胆管の長さは約10-15cmで太さは0.5~1cmです.
 胆嚢は,胆汁を一時的に貯めて濃縮する袋状の臓器で,西洋梨状の形をしています.大きさは長さ7~10cm,幅3~10cm位です.食事をすると胆嚢は収縮して貯めていた胆汁を胆管から十二指腸に出し,消化吸収の助けをします.
 十二指腸乳頭部は胆管が十二指腸に開口する部分で,膵管と合流しています.乳頭部を取り囲むように括約筋が存在し,胆汁の流れを調節しています.

胆道の病気

・胆道がん(胆嚢がん胆管がん,乳頭部がん)
・胆石症(胆嚢結石症総胆管結石症
・胆嚢ポリープ