日本消化器外科学会

MyWeb 会員専用ページ ログイン
  • English
ホーム  >  学術集会  >  学術集会  >  歴代総会会長年次一覧表・企画  >  日本消化器外科学会総会:第58回総会

総会

日本消化器外科学会総会

歴代総会会長年次年次一覧に戻る

第58回総会

開催 第58回総会 Love & Science
開催年月日 平成15年7月16日(水曜日)17日(木曜日)18日(金曜日)
開催地 東京
会長名

 

炭山 嘉伸

(東邦大学医学部外科学第3講座教授)

会長講演 日本の外科術後感染症の現状と将来展望
講演 (招待講演)1.がん研究50年の流を振り返り,今何が?…を考える/杉村 隆 2.Have we out done ourselves?…there is a light at the end of the tunnel./Ruth Yaeko Masunaga Ono 3.人物長嶋茂雄の魅力/長嶋茂雄
(国際招待講演)1.Adenocarcinoma of the Ampulla of Vater:A Modern Look at Long-Term Survival After Resection./Ronald K. Tompkins 2.Current trends for systemic treatment of metastatic colorectal cancer in Europe/Patrick Sch醇rffski 3.Dual Liver Grafts in Living-Donor Adult Liver Transplantation/Sung-Gyu Lee 4.Innate Defense Mechanisms and Survival Strategies of the Intestinal Epithelium and T Lymphocytes against Pathogens Following Trauma-Hemorrhage./Irshad H. Chaudry 5.Gastrointestinal Cutaneous Fistula/Josef Fischer 6.Infections Following Gastrointestinal Operation/Joseph S. Solomkin 7.Immunonutrition in GI cancer surgical patients. Outcome and cost-benefit analysis./Marco Braga 8.Transarterial Chemoembolisation for Hepatocellular Carcinoma/Lau Wan Yee Joseph 9.New Approaches to old Surgical Problems:Adhesions, Ileus, and Fecal Incontinence/Keith A. Kelly 10.Early Response Evaluation in Neoadjuvant Treatment of Esophageal Cancer_A way to a more individualized therapy/J. R醇・iger Siewert 11.What's new in pancreatic cancer-Western experience/Markus. W. B醇・hler 12.Sphincter of Oddi Dys Function:Diagnosis and Management/James Toouli 13.Pancreatic Cystic Tumors:Verona Centre Experience./Claudio Bassi 14.Surgical Management of Colo-Rectal Metastasis/Jacques Belghiti 15. /Peter J Neuhaus
(緊急特別企画)SARSの動向について/岡部信彦
(特別企画)1.卒後臨床研修と消化器外科医像 2.Future Medicine 3.内視鏡下手術時代のopen surgeryの教育
(シンポジウム)1.食道癌治療におけるsalvage手術の位置付け 2.外科感染症の将来展望 3.消化器癌化学療法の薬剤選択のevidenceと成績 4.Stage4膵臓癌をどう治療するか?
(ビデオシンポジウム)1.膵管胆管空腸吻合術の新しい工夫 2.下部直腸癌に対する究極の括約筋温存手術 3.食道癌に対する内視鏡下手術 vs open surgery 4.血管合併切除を伴う肝切除のpitfall 5.胃癌に対するリンパ節郭清の新たな根拠 6.大腸癌に対する腹腔鏡下手術の現状(腹腔鏡下大腸切除研究会共催)
宿題報告  
シンポジウム  
パネルディスカッション 1.消化器外科周術期の抗菌薬投与のスタンダード 2.消化器癌における免疫療法のup-to-date 3.分子生物学的手法を用いた消化器癌の診断 4.消化器外科臨床におけるリスクマネージメントの実際 5.転移性肝癌に対する新しい治療戦略 6.外科侵襲に対する生体反応とその制御 7.周術期栄養管理の進歩と新たな展開 8.消化器外科の臨床現場における倫理的問題 9.胆道癌の術式選択の根拠 10.次の症例のbest treatmentは?(消化管) 11.慢性膵炎における外科治療の展開 12.次の症例のbest treatmentは?(肝胆膵) 13.成人生体肝移植の諸問題
ワークショップ 1.消化器外科医としてのインフェクション・コントロールの基本と教育(ICD講習会) 2.sentinel node navigation surgeryの現状と問題点 3.消化器癌治療におけるクリニカルパスの根拠とその効果 4.腹腔鏡下胆嚢摘出術後の重篤合併症―なぜ起こったか?どう対応するか? 5.MCT,IPMT(悪性度診断と術式の選択) 6.尾状葉肝細胞癌の外科治療成績 7.直腸癌に対する放射線療法の功罪
シネ・ビデオ (ビデオセッション):72演題
その他 (要望演題)103演題
(教育講演:ランチョンセミナー)35演題
(教育講演:ミニレクチャー)18演題
(教育講演:モーニング・ミニレクチャー)9演題
(一般演題:口演)470演題
(一般演題:ポスター)1556演題
< 前へ 次へ >