日本消化器外科学会

MyWeb 会員専用ページ ログイン
  • English

総会

日本消化器外科学会総会

歴代総会会長年次年次一覧に戻る

第70回総会

開催  第70回総会 世界へ,未来へ発信する消化器外科医療
開催年月日  2015年7月15日(水曜日)16日(木曜日)17日(金曜日)
開催地  浜松市 アクトシティ浜松ほか
会長名

 

 今野 弘之

(浜松医科大学外科学第二講座)

会長講演  地域に根ざし世界へ発信する消化器外科医療を目指して
講演  (理事長講演)
日本消化器外科学会理事長としての総括と本学会の今後の展望(森  正樹)
(特別講演)
1.小説家の健康法(鈴木 光司)
2.宇宙探査ロードマップと医学への期待(向井 千秋)
(教育講演)
1.食道外科の歴史からみた課題と展望(幕内 博康)
2.内視鏡外科の現状と展望(北野 正剛)
3.胆道癌外科の課題と展望(二村 雄次)
(招待講演)
1.Current Status and Future Perspectives of Gastric Cancer Treatment in Asia(Han-Kwang Yang)
2.Translational Cancer Research - the Surgeons Role(Jeffrey A. Drebin)
3.Genetic Testing and Hereditary Colon Cancer: Implications for Surgery(Daniel C. Chung)
(特別企画)
1.Tissue Engineering in Regenerative Medicine(再生医療におけるTissue engineering)
2.NCDの利活用による消化器外科手術の標準化と集約化
3.新専門医制度と地域医療
4.内視鏡手術時代における消化器外科医の教育
シンポジウム  (International Video Symposium)
1.Esophagus
2.Stomach
3.Colorectum
4.Liver
5.Pancreas and biliary tract
(シンポジウム)
1.Esophageal Surgery, Expanding into the World(世界へ発信する食道外科医療)
2.Stomach Surgery, Expanding into the World(世界へ発信する胃外科医療)
3.Colorectal Surgery, Expanding into the World(世界へ発信する大腸外科医療)
4.世界へ発信する肝臓外科医療
5.世界へ発信する胆膵外科医療
6.世界へ発信する移植外科医療
7.肥満患者に対する消化器癌治療の問題点
8.Bench to Bedside, Bedside to Bench ―Application of Basic Research to Clinical Settings―(基礎研究から臨床への応用)
9.消化器外科手術における周術期管理―栄養管理とSSI対策を中心に―
10.Multidisciplinary Treatment of Progressive Gastroenterological Cancers(進行消化器癌に対する集学的治療)
11.画像の進歩:本来のシミュレーション・ナビゲーションへ
12.食道外科領域における手術手技の工夫
13.胃外科領域における手術手技の工夫
14.結腸外科領域における手術手技の工夫
15.直腸外科領域における手術手技の工夫
16.肝臓外科領域における手術手技の工夫
17.胆膵外科領域における手術手技の工夫
パネルディスカッション  (パネルディスカッション)
1.進行胃癌に対する腹腔鏡手術導入の是非
2.食道癌術後合併症を減らす術式の工夫
3.下部直腸癌に対する側方郭清の意義―JCOG0212の結果から得たもの―
4.症例検討 局所進行直腸癌に対する集学的治療
5.症例検討 Borderline resectable 膵癌の集学的治療
6.腹腔鏡下肝切除術の適応拡大と標準化への工夫
7.肝内胆管癌に対するリンパ節郭清・肝外胆管切除の意義
8.症例検討 再発GIST治療の個別化へ向けて
ワークショップ  (ワークショップ)
1.Stage II/III食道癌に対する治療戦略
2.早期食道胃接合部癌に対する治療戦略
3.術後QOL向上を目指した胃癌手術の工夫
4.胃癌腹膜播種の病態と診断・治療
5.大腸癌イレウスの治療と問題点
6.Optimal Surgical Intervention for Inflammatory Bowel Disease(炎症性腸疾患に対する至適外科的介入)
7.肝臓の外科解剖,特に亜区域の新たな考え方
8.臓器移植法案改正がもたらした移植の変化
9.緩和医療における消化器外科医の役割
10.Basic Research in Gastroenterological Surgery(消化器外科領域における基礎研究)
11.Acute care surgery
12.Coagulation Abnormalities in Gastroenterological Surgery(消化器外科における凝固線溶異常)
その他

 要望演題 532題
企画関連口演 470題
一般演題 1,645題
研修医・医学生企画 77題

抄録集 外部サイトへリンク

< 前へ 次へ >