日本消化器外科学会

MyWeb 会員専用ページ ログイン
  • English
ホーム  >  専門医制度  >  消化器外科専門医  >  認定審査について  >  2010年12月31日までの症例データと2011年1月1日以降の症例データを合わせて申請する方

認定審査について

5C.2010年12月31日までの症例データと2011年1月1日以降の症例データを合わせて申請する方

 NCDの専門医申請システム(2017年2月上旬公開予定)を用いて診療実績に関する書類を作成します.「診療実績入力用ソフト」または「診療実績入力用Webフォーム」にて登録済みの2010年12月31日までの症例データをエクスポートし,NCDの専門医申請システム(2017年2月上旬公開予定)にてデータを取り込み,NCDへ登録した2011年1月1日以降の症例データと合わせて診療実績・手術抄録証明書を出力して申請してください.(本機能は既に公開されているNCDの登録症例検索システムに追加されます.本システムは,症例を登録する「症例登録システム」とは異なりますので,初回登録がお済みでない方はNCD事務局にお問い合せください.http://www.ncd.or.jp/ 外部サイトへリンク

 なお,NCDへ登録した2011年1月1日以降の症例データで,消化器外科専門医申請に認められる症例一覧については,NCDホームページ 外部サイトへリンク「症例を登録する」にログイン後の症例登録システム「CRF,マニュアル」内,「消化器外科専門医術式に対応するNCD術式の一覧表」を参照ください.(表示専門医,又は専門医領域選択で「消化器外科」にチェックを入れ,ステータス「完了(承認済)」のものに限る.)

 

診療実績入力用ソフトについて

 旧診療実績入力用ソフトをご利用の場合は,最新バージョンにデータの取込が可能です.

1. ファイルの解凍

 ダウンロードしたファイルは,圧縮されていますので解凍します(※ファイルの名称変更,移動は絶対にしないでください.正常に動作しなくなります.).
 

2. 診療実績入力用ソフトの起動


 

 解凍されたフォルダ内にソフトウェアが格納されていますので,当該ファイル「入力ソフト」を開き,申請者情報を入力します.日付の誤入力にご注意ください.
 

3. 診療実績の入力

 手術実績の入力がこのソフトで行えます.(消化器外科専門医修練カリキュラムに示された手術については,指定修練施設における修練期間中に手術難易度・到達度別必須症例及び必須主要手術の術者としての規定例数を含む450例以上が必要になります.NCD登録データと合わせて要件を満たすようにしてください.)
 

入力が必要な項目

手術年月日,手術施設名,臓器,疾患名,術式名,術者or助手,以上です.上記以外の入力項目に入力する必要はありません.また,2011年1月1日以降の症例を入力されてもエクスポートは出来ませんのでご注意ください.
エラー表示がでることもありますが,それはAパターン(2010年12月31日までに症例で申請する)の方対象のエラーになります.Cパターンの方は,上記の項目入力のみ入力し,CSVファイルにエクスポートしてNCDデータと合算させてください.

専門医申請のために追加入力が必要な項目
(入力機能は既に公開されているNCDの登録症例検索システムに追加されます.本システム(2017年2月上旬公開予定)は,症例を登録する「症例登録システム」とは異なりますので,初回登録がお済みでない方はNCD事務局にお問い合せください.http://www.ncd.or.jp/ 外部サイトへリンク

「診療実績一覧表」は,上記項目の入力のみで入力要件を満たしますが,手術抄録(22件)の対象症例とする為には以下の項目の追加入力が必須となります.

入院時診断,患者性別,入院日,術後30日以内の再手術有無,腫瘍の性状,悪性腫瘍の部位・特性,麻酔種別,手術時間,術中出血量,術中発生事象,術後発生事象(術後30日以内)

※手術抄録22件の内訳はこちら

  • 食道切除再建術3件
  • 胃切除術(幽門側)5件
  • 胃全摘術3件
  • 結腸右半切除術3件
  • 低位前方切除術3件
  • 肝切除(外側区域以外の区域)2件
  • 膵頭十二指腸切除術3件
     

(該当する詳細な術式については,NCDホームページ 外部サイトへリンク「症例を登録する」にログイン後の症例登録システム「CRF,マニュアル」内,「消化器外科専門医術式に対応するNCD術式の一覧表」を参照ください.「消外専門医医療水準評価項目」に丸が付いている術式が対象術式になります.)

  • 疾患名は,消化器外科専門医修練カリキュラムに付記してある参考疾患名に準じて選択・編集してください.
  • データを追加する場合は,「症例追加」ボタンを押下して1例ずつ追加してください(他のソフトウェア(Excel等)で作成したデータを取り込むことはできません.).
  • 診療実績入力用ソフト旧バージョンからのデータ取込について
    旧バージョン(Ver.2008以降)からのデータ取込については,以下の「4. データのエクスポート方法」をご覧ください.
    旧バージョン(Ver.2007.1以前)からのデータ取込については,こちらをご覧ください.

4. データのエクスポート方法

01まず当ページ最下部より最新の「診療実績入力用ソフト」をダウンロードし,解凍のうえ,右図の「入力ソフト.EXE」をダブルクリックしてください.
画面表示に従って,医師免許取得年・氏名等の情報を入力します.

NCDの登録症例検索・専門医申請システムにインポートすべきデータがすべて揃ったら,入力画面右上の「CSVエクスポート ボタン」をクリックしてください.NCDの登録症例検索・専門医申請システムに用いることができるCSVデータが出力されます.

05

旧バージョン(Ver.2008以降)からデータを取り込む方法

(1)最新の「診療実績入力用ソフト」をインストールした時点で,1件のレコードが自動的に作成されます.既にデータ入力済みの「診療実績入力用ソフト旧バージョン(Ver.2008以降)」からデータを取り込むために「症例削除」ボタンをクリックして,この1件を削除します.
この自動作成された1件のデータを削除しないと,取り込みが実施できませんのでかならず削除してください.
(2)データ件数が0/0となっているのを確認して,「問い合わせ」ボタンをクリックします.

02

(3)「旧バージョンからのデータ取込」ボタンをクリックします.

03

(4) ファイルの種類を「すべてのファイル」(Macはファイルタイプを「すべて」)にしたうえで,取込元の「curriculum.USR」を選択し,「開く」をクリックしてください.

04

(5)データが正常に取り込まれると「データの取込が完了しました.」というメッセージが出ます.

5. 各書類の提出について

  • 公示文消化器外科専門医申請の手引き等を参照し,ご確認ください.
  • 申請締め切り期日は厳守です.本ソフトウェアの使用によるいかなる理由があっても当方は一切の責任を負いません.申請に当たっては,十分な余裕をもって行ってください.
  • 本ソフトウェアの使用による機器の故障等が発生した場合であっても,当方は一切の責任を負いませんので,あらかじめご承知置きください.

6. 問い合わせ先

 ソフトの使用方法に関する件は,「入力画面」における右上部の「問い合わせ」に明記してあります.こちらをご確認ください.また,専門医申請方法自体に関しては学会事務局までご連絡ください.


 PDFを見るためにはAdobe Readerが必要です.

診療実績入力用ソフトダウンロード

ダウンロード

消化器外科専門医診療実績入力用ソフト

 ご使用になるパソコンの機種に応じてお選びください.(ウイルスチェック済)

ソフトはZip形式で圧縮されています.

ZIP形式ファイルの解凍(展開)方法
【Windows7/Vista/XP】ダウンロードしたファイルを,右クリックで「すべて展開」を選び,画面の指示に従って解凍してください.
【MacOSX】ダウンロードしたファイルを,ダブルクリックで解凍してください.

動作環境
Windows系:Windows7/Vista/XP
MacOS系:OSX 10.5.8以降

※MacからWindowsへの移行方法は,以下をご覧ください.
MacOSからWindowsへの入力済みデータ移動方法



 

診療実績入力用Webフォーム

Mac OS X v10.7(Lion)を使用されている,などの理由で「診療実績入力用ソフト」を使用することのできない方は,MyWeb内に「診療実績入力用Webフォーム」をご用意いたしますので,それを使用ください.
診療実績入力用Webフォーム(MyWeb内) 外部サイトへリンク

 

本件に関するお問い合わせ
03-5427-7800
専用回線 9:00〜17:00(土日祝を除く)