MENU

男女共同参画WGについて

男女共同参画WG長 ご挨拶

男女共同参画ワーキンググループ長 野村 幸世

男女共同参画ワーキンググループ長 野村 幸世

 日本消化器外科学会でも、男女共同参画を推進し、女性消化器外科医の活躍と男性消化器外科医の家庭運営への積極的参加を推し進めることとなりました。消化器外科は勤務時間も長く、緊急呼び出しも多い領域であり、今までは、24時間対応可能という医師がその中心を担ってまいりました。しかし、少子高齢化に対応し、働き方改革を行い、女性の社会進出を推進し、皆ができるだけ幸せに生活するためには、このままではいけない時代となっております。患者さんの医療安全上も重要なことです。

 どうぞ、皆様、消化器外科医皆が輝け、働くことに意欲を保ち、消化器外科という職業を選択して良かったと思えるような業界を作っていくべく、ご協力をお願いいたします。アンコンシャス・バイアスもガラスの天井もなくして行きましょう。

Copyright © The Japanese Society of Gastroenterological Surgery All Rights Reserved.
このページの先頭へ