プログラムProgram

【公示】AGSurg Forum企画

AGSurg Forum企画


第78回総会において,AGSurgとのコラボ企画を実施いたします!

【AGSurg Forum】とは?

  • 総会演題応募とAGSurg投稿掲載をリンクした新企画です.
  • AGSurgの新規論文投稿促進と総会活性化を目的としています.

どんな企画?

  • 総会の演題応募(2022/11/1~12/15)にあわせ,AGSurg掲載を目指した抄録を受け付けます.
  • 本企画は,第78回総会演題応募との同時応募が可能ですが,AcceptとなるとAGSurg掲載となりますので,応募可能な抄録は未発表のオリジナル(brand new)なものに限ります.
  • AGSurg Forumに応募される場合には,通常のシステム上の抄録登録とは別に,論文の方法と主たる結果(図表が望ましい)をパワーポイントスライド2枚以内にまとめて提出いただきます(詳細は下記の応募要項をご確認ください).
    なお,抄録およびスライドは【英語】でご作成ください.
  • 提出された抄録とパワーポイント資料をもとに一次審査を行います.審査は【総論】【上部消化管】【下部消化管】【肝胆膵】の領域別に行われ,各領域数編が選定されます.一次審査結果は2023年1月下旬(予定)にお知らせします.
  • 一次審査の採択者には,二次審査のためにIntroductionとDiscussionを除く部分,すなわちAbstract, Material (Patient)and Methods, Results,Conclusion,FigureならびにTableに相当する部分を論文形式にまとめていただき,2023年3月15日までに提出いただきます.二次審査による最終採択結果は,2023年4月中旬までにお知らせします.AGSurg Forumに採択された場合には,総会の公募演題での発表は辞退いただきます.
  • なお,抄録はAGSurg Editorial Board Memberを中心とした査読者によって厳正に審査されます.通常の論文査読同様,経験や年齢によるバイアスなく公平に(一切の個人情報はblindされ査読されます)審査されますので,若手にも大きなチャンスがあります.U-40の若手も奮って応募ください.なお,U-40の応募者からAGSurg Forumに採択された場合には特別賞と副賞が,二次選考で惜しくも採択されなかった場合には奨励賞と副賞が,それぞれ総会会長より授与されます.
  • 採択された抄録は,総会プログラム【AGSurg Forum】にて発表していただき,指定のDiscussantと質疑応答をいただきます(質疑応答含め25分程度の予定).
  • 発表終了後は,質疑応答の内容を踏まえて2ヶ月以内にAGSurgに論文投稿いただきます.AGSurgの通常査読を経て,質疑応答内容を文末に加えてをJSGS paperとしてAGSurgに論文掲載いたします.
  • なお,一次審査,二次審査で採択されなかった抄録もAGSurgへの投稿が可能です.総会での発表と質疑応答を参考にして発表内容をブラッシュアップし,是非AGSurgに論文投稿ください.

AGSurg Forum応募要項

応募資格

日本消化器外科学会会員であること.

応募方法

  1. 第78回日本消化器外科学会総会 演題投稿システムから,総会への演題登録を行ってください.
     
  2. 演題登録画面(演題登録(2))の「カテゴリー選択」の次に【AGSurg Forumへの演題投稿】という項目がありますので,【希望する】チェックをいれてください.

システムの画面イメージ

  1. 演題登録完了後,ご登録のメールアドレスに【[78JSGS] 演題登録完了のご連絡 [GXXXXXXX]】という件名のメールが届きます.
    このメールにAGSurg Forumへの応募方法が記載されておりますので,記載のとおり演題のご登録をお願いいたします.
    ※ AGSurg Forumへのご応募は第78回総会演題投稿システムとは別で受付いたします.
    上記メールが届かない場合は,お手数ですが第78回日本消化器外科学会総会 運営事務局(soukai78@jsgs.or.jp)までお問い合わせください.
    また,AGSurg Forumへの応募方法は,演題登録マイページからもご確認いただけます.

応募に際してのご注意

第78回総会,AGSurg Forumそれぞれ1演題のみご登録が可能です.
AGSurg Forumで複数演題の投稿はできませんので,ご注意ください.

お問い合わせ先

Copyright © The 78th General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery All Rights Reserved.
このページの先頭へ