MENU

男女共同参画WGについて

男女共同参画WG担当理事 ご挨拶

男女共同参画ワーキンググループ担当理事 調 憲

男女共同参画ワーキンググループ担当理事 調 憲

 成熟した社会の中で、消化器外科医には良き家庭人、社会人であると同時に、良き職業人であることが求められています。私達は個人が目指す多様なキャリアパスや価値観を認め、それが達成できるように支援していくことが必要です。

 男女共同参画は消化器外科医が活躍する未来のために、解決に向けて努力を求められている課題と強く感じています。女性や若手消化器外科医の意見を聞きその意味を考え、活動を支援することで見えてくるものや生み出されるものは、豊かで明るく、活力に満ちた消化器外科の未来を開くために欠くことのできない新たな価値観と信じ、私自身新たな学びをすべく活動を皆さんと共に男女共同参画を推進していきたいと考えています。

 日本消化器外科学会の男女共同参画WGは活動を開始したばかりで、まだスタートラインに立ったに過ぎません。会員の皆様の幅広いご意見、ご支援を賜ります様何卒よろしくお願いいたします。

Copyright © The Japanese Society of Gastroenterological Surgery All Rights Reserved.
このページの先頭へ