日本消化器外科学会

MyWeb 会員専用ページ ログイン
  • English

総会

日本消化器外科学会総会

歴代総会会長年次年次一覧に戻る

第69回総会

開催  第69回総会 外科医療,さらなる誇りを求めて
開催年月日  2014年7月16日(水曜日)17日(木曜日)18日(金曜日)
開催地  郡山市 郡山市民文化センターほか
会長名

 

 後藤 満一

(福島県立医科大学医学部臓器再生外科学講座)

会長講演  外科医療,さらなる誇りを求めて from Good to Great through Transparency
講演  (理事長講演)
本学会の現状と今後の展望(森  正樹)
(特別講演)
1.宇宙生命は存在するか ―天文学からのアプローチ―(渡部 潤一)
(教育講演)
1.外科医に必要な統計学(大橋 靖雄)
2.再生医療の産業化に向けて(岡野 光夫)
3.Acute Care Surgery (ACS): Past, Present, and Future(Raul Coimbra)
(招待講演)
1.Clinical implications of colon cancer stem cells(Michael Clarke)
2.How we could improve surgical quality; Lessons from the best practices in ACS NSQIP(Clifford Ko)
(教育ビデオ)
1.胃癌におけるリンパ節郭清のポイントと術中トラブル対処法 (寺島 雅典)
2.直腸癌における腹腔鏡下側方リンパ節郭清のコツ(黒柳 洋弥)
3.膵切除・吻合法における工夫(羽鳥  隆)
4.食道切除後の再建における安全な吻合法(安田 卓司)
5.安全な肝切除を目指して(永野 浩昭)
6.血管合併切除伴う肝門部胆管癌の手術手技(上坂 克彦)
7.腹腔鏡下横行結腸切除術(絹笠 祐介)
8.内視鏡外科手術における新しいデバイスを利用した術式の工夫(趙  明浩)
(特別企画)
1.医療の国際展開―世界展開を目指す日本の外科医療―
2.外科治療データベースの国際間比較とその連携へのステップ
3.質の向上のための可視化とその後の責任
4.東日本大震災関連企画:もしもの時,あなたはどう動くか
シンポジウム  (International Symposium)(ASIA)
1.Progress in Colorectal Surgery
2.Update on strategy for the gallbladder cancer
(シンポジウム)
1.消化器外科における診断・治療のイノベーション
2.周術期感染症,その頻度と対策
3.消化器外科領域における内視鏡外科手術のさらなる発展に向けた課題とその克服
4.高齢者に対する消化器外科手術適応について
5.消化器癌に対する免疫療法
6.消化器癌に対する個別化治療
7.癌治療 標準化に向けた試み-ガイドラインの検証-
8.手術成績向上に向けた周術期栄養療法
9.移植・再生医療の最前線
(ビデオシンポジウム)
1.食道癌手術における安全な吻合法
2.胃癌におけるリンパ節郭清のポイントと術中トラブル対処法
3.腹腔鏡下横行結腸切除術
4.直腸癌における側方リンパ節郭清のコツ
5.安全な肝切除術を目指して
6.血管合併切除を伴う肝門部胆管癌の手術手技
7.膵切除・吻合法における工夫
8.内視鏡外科手術における新しいデバイスを使用した術式の工夫
パネルディスカッション  (パネルディスカッション)
1.食道切除・再建術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策
2.胃切除術・胃全摘術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策
3.結腸切除術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策
4.直腸切除術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策
5.肝切除術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策
6.膵切除術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策
7.急性汎発性腹膜炎における術前リスク評価とその対応
8.IBDに対する外科治療の位置づけ
ワークショップ  (ワークショップ)
1.食道・胃接合部癌に対する治療戦略
2.進行胃癌に対する術前化学療法の適応と意義
3.大腸癌肝転移に対する治療戦略
4.局所進行直腸癌に対する治療戦略
5.肝細胞癌治療における外科手術の位置づけ
6.広範囲胆管癌に対する術前評価と治療戦略
7.膵癌の術前・術後補助療法
8.ベンチからベッドへ 消化器癌の基礎研究成果
9.Acute care surgeryの実践を目指した試み
その他

 要望演題 646題
企画関連口演 618題
一般演題 1,360題
研修医・医学生企画 48題

抄録集 外部サイトへリンク

< 前へ 次へ >