一般社団法人 日本消化器外科学会

RSS
公式FACEBOOK
YOUTUBEチャンネル
学会誌
| Journals
Home  »   学会誌   »   AGSurg Awards
Last Update:2021年9月21日NEW

AGSurg Awards

AGSurgでは,掲載論文のうち特にクオリティーの高い論文に対して,その功績を称えるとともにジャーナルへの貢献に対する謝意と敬意を表すべく2つのアウォードを設置しています.

1. Best Article Award [Gold/Silver/Bronze]:Original Article対象
2. State-of-the-Art Review:Review Article対象

2021年のアウォードは,2018~2019年発行のVolume 2およびVolume 3に掲載した論文を対象とし,厳正なる審査のうえ受賞論文を選出いたしました.今後も年次でアウォードを実施してまいります.

2021受賞論文

Microvascular invasion of single small hepatocellular carcinoma ≤3 cm: Predictors and optimal treatments
Yo-ichi Yamashita, Katsunori Imai, Toshihiko Yusa, Yosuke Nakao, Yuki Kitano, Shigeki Nakagawa, Hirohisa Okabe, Akira Chikamoto, Takatoshi Ishiko, Tomoharu Yoshizumi, Shinichi Aishima, Yoshihiko Maehara, Hideo Baba

コメント:山下 洋市 先生
このたびAGSurg Best Article Award 2021-Gold-という名誉ある賞を,昨年のSilverに引き続いて頂戴致しまして感激しております.受賞論文は,熊本大学と九州大学の径3 cm以下単発の小型肝細胞癌(HCC; n=563)に関して,微小脈管侵襲(MVI)の予測因子を同定し,MVIが疑われる小型HCCに対しては,系統的肝切除が予後向上に寄与することを明らかにした後ろ向き研究です.小型HCCは均一な集団ではなく,悪性度の高いものも含まれ,その悪性度に基づいて個別治療すべきと考えています.
今後も,論文執筆・査読などAGSurgの発展に微力ながら貢献できますよう努力する所存です.御指導宜しくお願いします.

Comparison of the modified Collard and hand-sewn anastomosis for cervical esophagogastric anastomosis after esophagectomy in esophageal cancer patients: A propensity score-matched analysis
Keijiro Sugimura, Hiroshi Miyata, Tomoyuki Matsunaga, Kei Asukai, Yoshitomo Yanagimoto, Yusuke Takahashi, Akira Tomokuni, Kazuyoshi Yamamoto, Akita Hirofumi, Junichi Nishimura, Masaaki Motoori, Hiroshi Wada, Hidenori Takahashi, Masayoshi Yasui, Takeshi Omori, Masayuki Ohue, Masahiko Yano

コメント:杉村 啓二郎 先生
この度は“Annals of Gastroenterological Surgery, Best Article Award 2021 -Silver-”という大変名誉ある賞をいただきまして誠に感謝申し上げます.本論文は,大阪国際がんセンターにて2008年~2016年で施行した,食道癌に対する食道切除・胃管再建の頚部吻合を施行した398例で,手縫いとCollard変法の治療成績をPropensity score matched analysisを用いて比較検討した論文です.本術式において,術後の縫合不全・吻合部狭窄を軽減することは食道外科領域では重要な課題と考えており,本論文が今後の治療成績向上に寄与できれば幸いです.本論文作成に際し,臨床・学術活動をご指導いただきました諸先生方に感謝申し上げます.今後ともご指導・ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます.

Blue light-emitting diodes induce autophagy in colon cancer cells by Opsin 3
Toshiaki Yoshimoto, Yuji Morine, Chie Takasu, Rui Feng, Tetsuya Ikemoto, Kozo Yoshikawa, Syuichi Iwahashi, Yu Saito, Hideya Kashihara, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yosuke Kinouchi, Mitsuo Shimada

コメント:良元 俊昭 先生
この度はAGSurg Best Article Award 2021-Bronze-という大変名誉ある賞を頂きまして,大変光栄に存じます.選考委員の皆様,また執筆にあたりご指導下さった先生方に厚く感謝申し上げます.本研究では,Gタンパク共役型青色光受容体のOpsin3がヒト大腸癌細胞に発現していることを見出し,大腸癌細胞に対し青色LED光を照射することでOpsin3を介してオートファジー経路が活性化され,腫瘍増殖が抑制されることを報告致しました.極めて基礎的な研究ではありますが,将来的な臨床応用という夢に向かって,今後もin vivo実験や腫瘍微小環境への青色LED光の効果について研究を進めてまいります.今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます.

Immunotherapy for pancreatic cancer: Barriers and breakthroughs
Robert J. Torphy, Yuwen Zhu, Richard D. Schulick

コメント:Robert J. Torphy 先生
We thank the Japanese Society of Gastroenterological Surgery and the Annals of Gastroenterological Surgery for being selected for the “AGSurg State-of-the-Art Review 2021.” Our review article, "Immunotherapy for pancreatic cancer: Barriers and breakthroughs," discusses the progress that has been made in treating pancreatic cancer and highlights the barriers that have limited effectively treating this disease with immunotherapy. We hope that this review helps to shed light on key areas for investigation that will help overcome these barriers and lead to more effective therapies in the future.

Role of the tumor microenvironment in pancreatic cancer
Takashi Murakami, Yukihiko Hiroshima, Ryusei Matsuyama, Yuki Homma, Robert M. Hoffman, Itaru Endo

コメント:村上 崇 先生
このたびは,AGSurg State-of-the-art Review 2021という大変栄誉ある賞を賜りまして,誠にありがとうございます.本論文は,横浜市立大学消化器・腫瘍外科学遠藤格教授のご指導の下,膵癌における抗腫瘍免疫およびDesmoplastic stromaをテーマに執筆させて頂きました.膵癌に対する化学療法や放射線療法等によって抗腫瘍免疫が賦活されうることに着目し,各種免疫療法や,さらには膵癌間質を標的とした治療に言及しています.膵癌患者さんの明るい未来に向け,膵癌治療のさらなる発展を祈念すると共に,微力ながら私も寄与してゆけますよう,努力を続けて参りたいと存じます.今後ともご指導のほど,よろしくお願い申し上げます.

過去の受賞論文,お知らせ等

AGSurg Awards過去の受賞論文
Annals of Gastroenterological Surgery:Award新設のお知らせ

このページの先頭へ