一般社団法人 日本消化器外科学会

RSS
公式FACEBOOK
YOUTUBEチャンネル
お知らせ
| News
Home  »   お知らせ   »   学会より   »   第76回日本消化器外科学会総会 開催形式について
Last Update:2021年6月14日NEW

<更新>第76回日本消化器外科学会総会 開催形式について

2021年6月15日

 すでにご案内しておりますとおり,第 76 回日本消化器外科学会総会は,ハイブリッド形式での開催を予定しておりますが,会期中に首都圏または近畿圏のいずれかが緊急事態宣言の対象となりました場合は完全Web開催といたします(現地はごく一部の役員と事務局のみが運営).

 ただ,2021年5月28日に発出いたしました前回の告示では,開催会場を含む地域(京都市)にまん延防止等重点措置が適用された場合も,完全Web開催とすることとしておりましたが,全国の感染者数が緩徐ながら減少傾向にあること,医療者のワクチン接種がある程度進展したこと,現在の緊急事態宣言下でも様々な社会活動は必要性を考慮して慎重に行われていることなどを鑑みまして,2021年6月11日に開催いたしました本学会理事会におきまして慎重に検討いたしました結果,首都圏,近畿圏での緊急事態宣言が解除され,京都市が緊急事態宣言の対象となっていない場合には,十分な感染防止策を講じた上でのハイブリッド開催とすることといたしました.

 ハイブリッド開催における個々の会員の皆様の参加形式は,それぞれの地域,医療機関の状況に応じて適切にご判断くださるようお願いいたします.

 なお,予定どおりハイブリッド形式での開催となりました場合,感染防止対策の観点から,各会場の収容人数の制限を行いますので,ご了承ください.

 また,会期中は本学会として飲食を伴う公式イベントは開催いたしませんが,現地参加の皆様におかれましても,大人数での会食など感染のリスクを伴う行動をお控えいただきますようお願いいたします.


2021年5月28日

第76回日本消化器外科学会総会は,ハイブリッド形式での開催を予定しております.ただし,新型コロナウイルス感染状況に応じていつでも完全Web開催に変更できるよう,同時に準備を行っております.
なお,本総会の開催期間に以下のいずれかの状況が重なった場合に,完全Web開催といたします.

  1. 首都圏または近畿圏のいずれかに緊急事態宣言が発令された場合
  2. 開催会場を含む地域(京都府京都市)にまん延防止措置が適用された場合

完全Web開催となった際には,会場へのご来場はご遠慮いただきます.
皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが,完全Web開催となった際を鑑み,交通・宿泊のご手配の際には十分にご注意いただきますようお願い申し上げます.

また,予定どおりハイブリッド形式での開催となる場合でも,現地参加につきましては収容人数の制限を行いますので,ご了承ください.

発表者の皆さまへ

ハイブリッド開催から完全Web開催への開催形式変更に備え,現時点での現地参加,Web参加の予定と問わず,必ず発表データの事前登録をお願いいたします.
データの登録期間は,2021年6月1日(火)〜18日(金)です.
発表データの事前登録に関する詳細については,近日中に各発表者へご案内いたします.
短い期限でのご案内にて恐縮ですが,状況に応じた開催形式への対応のため,何卒ご協力くださいますようお願い申し上げます.

 

このページの先頭へ