日本消化器外科学会

MyWeb 会員専用ページ ログイン
  • English

大会

日本消化器外科学会大会

歴代大会会長年次年次一覧に戻る

第14回大会

開催  第14回大会 為せば成る Yes, We Can
開催年月日  2016年11月3日(木曜日)4日(金曜日)5日(土曜日)
(JDDW 2016 第24回日本消化器関連学会週間)
開催地  神戸市 神戸コンベンションセンター
会長名

 

 木村  理

(山形大学第1外科(消化器・乳腺甲状腺・一般外科学))

会長講演  為せばなる Yes, we can
講演  (特別講演)
・ノーベル賞をめぐる人々の物語(森岡 恭彦)
(招待講演)
・Pancreatology 2016: What is new?(J. Mossner)
・Parenchyma-sparing, local duodenum-preserving pancreatic head resection for cystic neoplasms, neuroendocrine adenoma and low-risk periampullary cancer(H. G. Beger)
シンポジウム  (総合プログラム)
統合1(S).Colitic cancer の諸問題
統合3(S).食道胃接合部癌の諸問題
統合4(S).膵臓癌の諸問題
統合5(S).肝細胞癌根治治療後の肝炎ウイルス治療の展開
(International Session)
IS-S3.Benefit and pitfall in laparoscopic surgery(腹腔鏡下手術の利点と問題点)
(シンポジウム)
S1.ポストヘリコバクターピロリ時代における胃癌
S2.腹腔鏡下胃切除術≪ビデオ≫
S3.直腸癌に対する治療戦略
S5.食道癌に対するネオアジュバント治療と手術≪ビデオ≫
S6.硬化性胆管炎の診断と治療における進歩
S7.膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)Update
S8.腹腔下手術とロボット手術≪ビデオ≫
パネルディスカッション  (総合プログラム)
統合6(PD)肥満治療の諸問題
(パネルディスカッション)
PD2.粘膜治癒を目指したIBDの治療戦略
PD3.肝炎ウイルス制御下時代の肝癌診療
PD5.膵・胆道癌の早期発見における内視鏡の役割
PD7.ESD全盛時代における功罪
PD8.生物製剤抵抗性炎症性腸疾患の治療方針をめぐって
PD9.炎症性腸疾患の長期経過とモニタリング
PD10.肝細胞癌の外科治療のタイミングと限界
PD12.抗血栓薬起因性消化管出血の現状と対策
PD14.転移性肝がんの治療のストラテジー(手術が先か,化学療法が先か?)≪アンサーパッド≫
PD15.P-NET, GEP-NETの治療方針≪アンサーパッド≫
PD16.分子標的薬は消化管癌患者の予後を改善しているか?
ワークショップ  (総合プログラム)
統合2(W).内視鏡治療と鏡視下手術のコラボレーション
(International Session)
IS-W1.Recent progress in chronic pancreatitis(膵炎研究の最前線)
(ワークショップ)
W2.消化器疾患と代謝異常の関わり
W3.肝癌に対する最新の画像診断
W4.肝疾患バイオマーカーの新知見
W5.マイクロRNAと消化器疾患
W6.機能性消化管疾患の診断と治療における内視鏡の役割
W9.B型肝炎治療のアップデート
W10.IPMN併存膵癌における諸問題と対策
W11.下咽頭・頸部食道表在癌の診断と治療
W12.肝癌分子標的薬導入のタイミング
W13.進行胆道癌に対する外科治療の新しい試み
W14.消化器外科解剖の3Dシミュレーション
W16.消化器領域におけるIgG4関連疾患の病態
W18.こんな時どうする? ERCP・EUS関連手技におけるトラブルシューティング
W19.膵内外分泌機能障害における治療戦略
W20.消化器癌におけるバイオマーカーの開発と応用
W21.横行結腸切除はなぜ難しいか
その他

 一般演題 832演題

抄録検索 外部サイトへリンク

< 前へ 次へ >